デイトレード

何年か前から、デイトレードでの信用取引での
取引の売買手数料を無料にしているある有名な
ネット証券会社があります。

当然このネット証券会社はデイトレーダーに人気
です。一日に何回も売買を繰り返すデイトレーダ
ーは株式売買の勝率はかなり良いですが、株式取
引時間中取引画面を見続けなければなければなり
ません。

しかも、その分利益を多く稼ぐためには毎日取引
をしなければならないので、サラリーマンよりも
休んでいる時間は少ないと思います。

為替レートが上がるか下がるか2択で予測して購入するだけ


sdf77 FX取引には裁量取引とシステムトレードの2種類がありますが、裁量取引ではトレーダーご自身の手法が確立していないと難しいうえに、注文を躊躇してしまうことがよくあります。しかし注文を躊躇しないシステムトレードを行うにはプログラミングの知識が必要です。

最近ではプログラミング不要の選択型シストレサービスを提供している業者が増えていますが、自動で取引を繰り返すシステムトレードなので有効でないストラテジー(売買プログラム)を選んでしまうと、勝手にどんどん損失が増えてしまうリスクがあります。そんなときは新しいFX取引であるバイナリーオプションが裁量取引とシステムトレードの両方の長所を持ち合わせています。

バイナリーオプションなら為替レートが上がるか下がるか2択で予測して購入するだけと簡単です。バイナリーオプションは業者によって異なりますが、1回号 から10回号まで計10回ほどの取引が開催されています。好きなタイミングで回号に参加できますし、終了時間が来れば自動的に決済されて自動で結果が出ているので、裁量取引するよりぐっと楽になっています。取引時間内にご自身の判断で購入するので、システムトレードのように自動で購入されることはありません。

得られるリターンは購入資金×ペイアウト倍率(1.6倍~1・9倍)とあらかじめ決まっている代わりに、どれだけ為替相場が乱高下しても失うリスクは購入 資金だけとあらかじめ決まっています。ほとんど値幅がない相場でもバイナリーオプションでは0.1銭でも目標レートを超えていれば的中なので効率が良いです。ラダーオプションというルールを採用している業者なら目標レートが複数設置してあって、ペイアウト倍率が約1倍から20倍程度まで大きく変動します。

的中が難しい目標レートでは倍率が高くなり、的中が簡単な目標レートでは倍率が低くなります。目標レートが多いほどいろいろな戦略を立てることができます が、どれを選んでいいのか分からなくなることがあります。無制限に購入できるのではなく、1回号での最大ロット数や1日の購入金額の上限が決まっていることが多いです。

また、国内バイナリーオプションでは取引期間が2時間以上と規制で定められています。取引回数が物足りないという方は国内規制とは関係ない海外のバイナリーオプション業者に口座開設するといいです。海外と言っても日本語で取引できる業者を選べば大丈夫です。海外は入出金が面倒なことがありますが、クレジットカードやデビッドカードで入出金できる業者も多くそれほど難しくありません。