デイトレード

何年か前から、デイトレードでの信用取引での
取引の売買手数料を無料にしているある有名な
ネット証券会社があります。

当然このネット証券会社はデイトレーダーに人気
です。一日に何回も売買を繰り返すデイトレーダ
ーは株式売買の勝率はかなり良いですが、株式取
引時間中取引画面を見続けなければなければなり
ません。

しかも、その分利益を多く稼ぐためには毎日取引
をしなければならないので、サラリーマンよりも
休んでいる時間は少ないと思います。

バイナリーオプションとお金の話


 バイナリーオプションは投資取引を行う金融商品で、これを利用する投資家の皆さんも、自らの資産を増やしていく事を目的としているために、お金にまつわる話がやはり最重要項目となります。

バイナリーオプションでよく話題になるのは、海外の取引業者を利用した際に起きる、出金の際のトラブルになります。

国内の業者には、金融庁からの通達などもあり、悪質な業者はほとんどいなくなったと考えて良いと思うのですが、海外の業者がどうであるか、と聞かれれば、日本国内の規制の対象にならなかったり、本来は海外業者であっても守らなくてはならない取り決めにたいしても、そのガードが緩くなっているなどしているために、確かな事が言えない、という事が現実でしょう。

しかしながら、日本の顧客も自分の資産を預ける以上は、そうした業者がいるのではないかと警戒をします。
これに対し、日本に進出してくる海外業者は、多くの場合にその信頼を獲得し顧客を増やしていきたいと考えていますので、現在では悪質な業者はかなり少なくなっていると言えるのではないでしょうか。

それでは、こうした状態において、出金に関する騒ぎがなくならないのはなぜでしょうか。

これは、言葉の壁と日本の顧客の注意不足というものにある程度の原因があると考えられています。
まず、入出金に関しては、基本的に二国間での金銭のやり取りになるために、それなりの手数料と、日単位の時間がかかるという事を、顧客が理解する必要があります。

これは、日本の銀行から海外の銀行へ送金する際でも発生することで、しかし、これに対して海外の取引業者は、日本の銀行と提携したり、クレジットカードやデビットカード、電子マネー、ネットバンキングなどを利用するなど、あらゆる手を尽くして最善の取り計らいをして対応をしているのです。

まとまった金額が無いと手数料の方が高くなる場合もあるので、ある程度大きな金額でないと出金できない制限を設けたり、顧客を助けるために月に数回分だけの入出金手数料だけは無量になっていたりと、企業努力をしています。

しかし、こうした事が言葉の壁であったりウェブサイトの説明などをよく読んでいなかったりなどで、顧客が理解をしておらず、出金要請をしたのになかなか出金されない、出金された額が小さい、そもそも出金できない、手数料が急に取られるようになった、というようなクレーム、トラブルにつながっていっていることが、多くあるのです。

こうした事は、キャッシュバックボーナスのキャンペーンなどにも通じるものがあり、ほとんどのボーナスは、取引きで発生した損失を補う目的で払い出される目的で設定されているために、一定回数の取引きをしないと払い出されなかったり、この取引回数をクリアする前に出金をしてしまうと取り消しになってしまうというような様々な条件が設定されているのです。

こうした事から、海外業者に対する出金などでの騒ぎ、苦情、トラブルなどが多いのです。

このような事態にならないためにも、国内、海外に限らず、取引業者のウェブページなどをしっかりと読み込んで理解をしてから、契約を行い、投資資金や取引きの配当金などを受け取れる専用口座を開設し、じっくりとバイナリーオプションを楽しんでいくべきでしょう。